換気棟について

ジメジメした日が多く、梅雨の走りのような天気で憂鬱になりますが、梅雨が開ければあの灼熱の猛暑が待ち構えています。

そこで、今からでも遅くないお住まいの断熱対策です。

お住まいの屋根、外壁の断熱を効率よくすると、夏に使うエアコンの電気代節約にも繋がり、わずかばかりかもしれませんが、地球温暖化を抑える効果も有ると思います。

お住まいの断熱性能を高めるには屋根、外壁塗装で使用する遮熱塗装があります。また、屋根の葺き替え工事に使用する、断熱性に優れた屋根、外壁材もあります。

弊社では今回、屋根裏に注目して見ました。

真夏の屋根裏は、一般の戸建て住宅では、真夏の屋根裏の温度は50°を超えてしまいます。これではいくらエアコンを効かせても中々お部屋は冷えません。そこで弊社では屋根の棟(屋根の一番高い部分)に取り付ける換気棟をおススメしています。

換気棟は屋根裏のこもった熱を室外に自然換気する機能をもった商品です。屋根裏の熱を逃してあげることで、エアコンの効きも良くなります。換気棟の取付も棟部分の工事なので、換気棟だけであれば、1日で取付可能です。湿気や結露の対策にも繋がるので、換気棟を取り付ける事は、梅雨のカビ予防にもなります。

換気棟を取り付けて、今年の夏は快適なお部屋でくつろいでみては如何でしょうか。