金属系屋根材は材料自体が軽量で自由な形状加工できる屋根材です。
現在主流の屋根材は、既製品の金属系屋根材になります。

現在、屋根材として普及している鋼板は以下のものになります。

カラーステンレス

カラーアルミ

フッ素鋼鈑

ガルバリウム鋼鈑

カラー鉄板

銅板

最近ではガルバリウム鋼板のものが多く普及しているようです。 鋼板自体には断熱性や遮音性はありませんので、断熱材が裏打ちされているものでなければ雨音や寒さ暑さに悩まされる事になりかねません。鋼板を建築板金業者が加工して屋根を葺く場合には、屋根下地に断熱・遮音の処理をする必要性があります。
鋼板の種類にもよりますが、軽い鋼板の屋根材であれば、屋根は瓦屋根の1/10程度の重量になります。
また、金属系の屋根材は加工がしやすく、屋根を葺いたときの外観を瓦屋根のようにする事も可能です。


屋根についての



豆知識

屋根は家を強い日差しや雨から守る重要な部分です。屋根について詳しく知れば、より良いリフォームプランをたてられます。

屋根の各部位について
屋根の形状について
屋根材 粘土瓦について
屋根材 スレートについて
屋根材 金属系屋根材について
金属系屋根について
銅屋根(銅板屋根)について

外壁についての



豆知識

外壁のリフォームをお考えになるときは、お住まいの外壁の状態や、建物自体の老朽化などを考慮に入れてより良いリフォーム工事を計画しなければなりません。

外壁についての豆知識

板金の歴史

板金の歴史は櫛やかんざしの飾りや小判から始まります。

板金の歴史